めもめも

 

【2021.5.26追記】

活動再開やっぴ~~~~。こころの練習を兼ねて、公開して5分くらいで非公開にしたブログを公開するところからチャレンジしてみることにしました。

以下の文章は、2021.4.3に作成したものです。休止の発表をうけて割とすぐ書いたものなので支離滅裂だし感情100%なのですがご容赦くださいますようお願い申し上げます。

【追記終わり】

 

 

 

 

 

おつかれさまです、圭です。はてなぶろぐのこと割と忘れていましたえへ。

そうそう使う機会ないとは思っていましたが、まさかの推し活動休止でこれは今使わずにいつ使うでおじゃ?とピンときてしまい記事を書いている次第です。きっといつも以上にまとまりのない、どうしようもない文章になっていることでしょう。これはいつかの未来の私が読み返す用に書いているといっても過言じゃないので、それはそれで良しということで!

 

早速ですが、応援しているcosmic!!が活動を休止することが発表されました。ね~~~!!!アクキー手に入れられなくて自作して届いた当日だよ!!!浮かれポンチッチして写真撮ったりしてたよ!!!愚かな道化師-ピエロ-じゃん……。

友達からめっちゃ連絡きました。サンキューフレンズ。生きているよ。

ダメージかどうか、と言われれば多分これはダメージだというのだと思います。理性的には。感覚的にいえば、感情的にいえば、実は割とけろりとしています。悲しくない訳じゃない。木曜朝のアヴェマリアも、日曜日(さいきんは月曜日)に与えられるストレスも、ヨギボーにもたれる姿も、ラインライブできらきらする瞳も、木曜日夜のにぎやかな声も、ゲーム配信してくれる姿も、知育菓子を作る指先も、ハスキーな歌声も、ねこねこに親ばかになりつつストレッチして伸びる手足も、そのすべてが、日常に組み込まれていたからです。やっぱりルーティンが失われると動揺します、環境が変わることはストレスだからです。

でも、何より、私はcosmic!!が大好きです。それは活動休止に左右される事象ではありません。だからcosmic!!がグループとして活動を再開したときは両手をあげて喜ぶし、そうでないなら、受け入れるよりほかないのでしょう。それが選択なら。

ただ個人的に、感情的に、当然現実逃避はしたいわけです。端的にいえば、帰ってくるのを待っていたい。クソ重感情女なので、「待つ」ことが生きる理由にもなるし、どうせなら待ってて復活を迎えたほうがかっけーじゃん!という小学生メンタルです。そう、推しにおかえりなさいを言う日に、カッケエ自分でありてぇ。強くなりてぇ、この拳(ゴリラ)感情が鈍麻なので、それまでなんですけど。美辞麗句並べているというよりは考えるちからが足りないと思ってもらったほうが近いです。

 

生きていることが恥ずかしい命だと常々思っているのですが、それを忘れさせてくれたcosmic!!は、私にとって確かに魔法使いです。この魔法は、ウィンガーディアムレビオーサーとか、レビオサーとかそういうものじゃないんです。いたいのいたいのとんでいけ、ってしてくれる、そんなささいなまほうなんです。

2周年を迎えた定期公演で、ステージの上で泣いているメンバーの涙も、200人達成して泣いていた姿だって、見たことないほどに綺麗な景色だった。それだけで十分。それだけで十分生きていけるんです。ここだけ見ると泣き顔に興奮してると思われそうですが大丈夫ですか?チガウンダァ。

4年間、駆け抜けてくれた。知らないところでたくさんのことがあって、たくさんの環境の変化があって、たくさんの苦難があって、たくさん、たくさんあったのだと思います。それを見せないようにするのがきっとプロなんでしょうけどでも推したちも生きているし……(全肯定bot)ここまで、気付かれないように隠そうとしてくれた。それがどれほど辛かったか、想像できませんもの。マジでゆっくり休んでほしい。美味しいもの食べてほしい。この間3メートルくらい小走りしただけで死にそうになったのに、4年間駆け抜けてたらしんじゃうとおもう。

センキューコズミック……きれいすぎる景色をたくさん見ることができました。ライブとか特典会とか思い出すだけで生きていけるなら、それも1つの魔法だと思うし、0時すぎても解けない魔法があってもいいと思うんですよね。

最強の味方にはなれなくても、どんな選択をしようと、いつだってその選択の味方でいたいなとは思っている。もらってばっかりで何も返せない立場だけど。っていうか推しには健やかでいてほしいし美味しいものいっぱい食べてほしいし美味しいものいっぱい食べてほしすぎる。米を………送るか……?(錯乱)

 

ひとのこころがない、と言われればそれまでですけど、この休止含めていずれ「物語」になるならっていう気持ちもあります。ひとりひとりの物語と、全体としての物語があるなら、それはたいせつにされてほしい。

そしていつか未来の私が、いつかの誰かが、こんなことあったね!ってバカ笑いできる春が訪れると信じています。もちろんこの信じるは、叶わないことを受け入れるという意味を含めて。

つらつら書いておいてなんだけどマジで推しめちゃすこだ……しか感情がないんだと思う。IQがちょっとアレでアレです。ひとのこころがない。

 

 

 

Please Pleaseの考察

 

※個人の感想と考察と意見です(重要)

※解釈違いでもおこらないであげてください……ゴメンネ……。

※個人の感想と考察と意見です(重要)

※説明をする際、メンバーの皆さんのお名前をそのまま使用していますが、あくまで曲中の関係性等々を説明するためであり、その他の意図はありませんのでよろしくお願いします。

※あんまり治安が良くない単語も使います(心中など)ご了承ください。

 ※個人の感想と考察と意見です(重要)

※考察と銘打っていますが「憶測」「推測」「妄想」が9割だという前提で見てもらえるとありがたき幸せです……。

 

 ワンクッションがてら考察じゃなく、初めてMV見た時の感想記事を。

Please Please感想 - メモ https://etcest.hatenablog.com/entry/2021/02/02/005829

 

 そしてMV本家さま!!!本当に最高のMVだからみんな見てほしい。浴びてほしい。イケメン軍人たちを浴びてほしい。

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 公式的な前提というか「花の館に住む彼らは富も名声、何もかもを手に入れたが、どこか満たされず心の渇きを感じている」という設定がある。ただし一緒に住んでいるかどうかは範疇外。見たところ一緒には住んでいないかなという印象がありました。

 考えていった時に、一緒に暮らしていなさそうな印象・ただし同じ花の館ということから「存在するテクスチャーが違う」のではないかと思ったので、ここから先はテクスチャーごと・言い方を変えるとそれぞれのペアごとに考察をします。

 

・JAMくん&うみねこさん

 ⇒恐らく最下層。全体を通して画面が暗いことから、花に埋もれている=地面(底)に触れ続けていること、花弁が降ってくることから。印象としては「地獄」に近いかもしれない。

うみキャスでのお話を踏まえてみても、うみねこさんはJAMくんが好き。

JAMくんは所謂本命が別にいる。もっと包み隠さず言えば不倫かもしくは、体だけの関係という印象。

 曲中、特にフューチャーされているのはうみねこさんからJAMくんへの感情。手を繋ごうとして、そっと重ねたり(ただしJAMくんは握り返さない。)、じいっとJAMくんを見つめたり。個人的にJAMくんからうみねこさんへの感情が読み取れなかったけど、「一瞬の知らない顔 見ない振りした」で通りすぎるうみねこさんを目で追いかけるから、愛情ひとつもないとかじゃないのかなと。何かしらの感情はありそう。それが愛情にせよ、後ろめたさにせよ。

 それでですね。最下層にいるこの2人がどういう状況なのかというと、上でも少し言ったのですが地獄にいるのかなと。実際問題の地獄は見たことないんで知らないんですけど、状況とか未来が、どん底というか。これ以上落ちることもなかろうな、という状態。一般的に、不倫にせよ浮気にせよ「本命」がいて、その「次」の人間がいるわけですよね。で、(曲中の)うみねこさんは2番目の人間。本命じゃない。

 勿論、JAMくんからうみねこさんへの愛情がゼロとは言い切りませんが、それが自分だけのものじゃない上に2番目、1番目じゃないことも苦痛だと思います。精神的に追い詰められてしまってもおかしくないでしょう。奪ってやる、という野望もあるでしょうしそれは希望だと思いますが、同時に、いつ叶うかも分からない、そも叶うとも限らない、終わりがいつ訪れるか分からない日々が続くということ。それも1つの地獄かと。

 うみキャスでもおっしゃっていたように、曲中のうみねこさんはあからさまに苦しいとか切ないって表情をしていないのも事態がひっ迫している気がする。空虚にも見える表情だけど、心の内側はがらんどうになっていなくて、多分あからさまにダメージですっていう事をJAMくんに見せたくないのかなって。プライドの一種として。

ただ忘れちゃいけないんですけど、JAMくんも、向き合っているんですよ。ちゃんと。うみねこさんに。愛情もあることは嘘じゃないと思います。比較したときにJAMくんの方が表情に感情が出ているのも切ない。ずるい人感というか、人たらしというか、憎み切れないよなあ。

ここのペア、最初から最後まで花が敷き詰められた空間に横たわっているのが「これ以上落ちるところもない」事を示しているのかと思っていたけれど打ちながら棺桶が頭を過りました。もしくは、薔薇を愛の象徴だとするなら、愛に溺れてしまったのか。そもそもこの花が薔薇なのか分からないんですが、写真とって判断してくれるアプリやったら薔薇って出たので薔薇ってことで考えています。

 

 

・きくちょーさん&とみーさん

 こちらは下から3番目の層。最下層の次じゃないん?っていうのは、背景の色合いからテクスチャーを判断したためです。きくちょーさん&とみーさん、そしてJAMくんとうみねこさんの間に、とあくん1人のテクスチャーがあるのですがそれは後述します。

 JAMくんとうみねこさんは、不倫もしくは浮気。不貞行為でした。じゃあここの2人は?というと、いわゆるラブラブ(はーと)な愛じゃなさそうという印象と、心中したのかなというのがファーストメモでした。MVじゃなくてダンスの方だと、最初にきくちょーさんがとみーさんの顎をくいっと掴むんですけど、あれ対等な関係に見えづらいと思っているんがどうなんでしょうね?主従関係とか、上下があるイメージ。なのでラブラブ(はーと)感は個人的に少ない。

 MV中、「2人」で画面に映るのはJAMくん&うみねこさんペアと、きくちょーさん&とみーさんペアです(以下、それぞれぢゃむねこ・きくとみで略します。)。ぢゃむねこペアは、うみくんがぢゃむくんに手を重ねる、ぢゃむくんがうみくんを目で追うなど相手へのアクションが見られました。一方、きくとみペアは、相手へのアクションが見受けられません。つまり、何らかの関係性ではあるけど、アクションするほどの感情がない、もしくは感情を失った。別の言い方をすると冷めてしまった。向き合うシーンも、相手を見てはいるものの動作がゼロ。見ているだけ。認識しているだけ。家庭内別居してらっしゃる……?なのでいわゆるラブラブ(はーと)という関係性ではないのかな、というのがまず1つ。そうすると歌詞の「あの頃のように今は僕だけを見て」とか、整合するかも。愛し合った過去を、変わり行く愛情を、自分たちじゃどうしようも出来ないことを「悪戯な運命」としている説。

 別の解釈としての心中。これは単純に、最初に2人テーブルに伏せていること・花の入ったグラスがあることで、一緒に毒を煽ったのかな?と推測したことによるものです。ただ花が食事となると、微妙ですね。主食が花ということなら、毒のメタファーにはならなそう。ただ、これはまた別で話しますが、この花の館そのものに対して、「あの世」側の印象があるので、心中して、2人とも昏睡状態なのかなと。花を食べているシーンは夢。薔薇を食べる夢は、愛情を求めている。経緯は不明ですが、心中した結果、ほぼ死にかけ(命はギリある)という状態。臨死体験中ってことですね。心中する理由については、曲中に窺うことは出来ない気もします。MVだけじゃなくダンスも含めて強引に解釈すると、きくちょーさんがとみーさんの顎を掴むことから最初にとみーさんにちょっかいを出したのはきくちょーさん。ただし、その後すれ違ってからとみーさんがきくちょーさんの腰を掴んで抱きとめるところできくちょーさんから触れることはないので、ちょっかい出したけどとみーさんからの気持ちが向いた時はすっと離れたのかもしれません。そこからもつれて、心中というよりはお前を殺して俺も死ぬ!の流れになったのかもしれない。

 もう1つ吸血鬼説も提言してみたのですが、勝手に薔薇たべてると思い込んでいただけで薔薇たべてなかったので削除しました。つるてぃーさんが薔薇ムシャってしたの間違えて記憶していました。

 そういえばMVの1:11~1:12付近でとみーさんの黒目が一瞬振れるんです。それが「気付き」なのか「動揺」なのか、もしくは気付いたから動揺したのか分からないんですがここの表情が繊細で複雑で胸がくるしい。何に気付いてしまったんでしょうね。

 

 

 

・とあくん&そらくん

 ここは、基本的に一緒に映るシーンはありません。

 ただ、MV中ふたりが対比になるシーンがいくつかあります。

  • とあくんが両手で薔薇をそっと持つ・そらくんが片手で薔薇を握り潰す
  • とあくんが両手から花びらを零す・そらくんが握り潰した薔薇を投げつける
  • (降り注ぐ花びらを見上げるシーンにて)やや陰っている庭のとあくん・木漏れ日溢れる木々のなかのそらくん
  • シーン中、背景に窓があり外が見えるとあくん・背景に窓がなく鏡が存し内側しか見えないそらくん

ここも相手へのアクションはありませんが、そもそも2人一緒にいないのできくとみとはまた訳が違うような。

どちらも花びらを降らせる存在に思えますが、とあくんの花びらがぢゃむねこに降り注いでいるので、ぢゃむねこのテクスチャーの上の層かなと。

 ここからは考察ではなく憶測です。とあくんとそらくんの2人の関係性ですが、ぢゃむねこ&きくとみが人間:人間だったのに対し、この2人は対照的なものの概念そのものという可能性もありますでしょうか。例えば生と死、影と光、内側と外側、表と裏、みたいな。もしくは何らかの理由で引き裂かれて、恐らく二度と会えないのかもしれない。生者と死者みたいに。

 個人的に印象的なシーンとして、そらくんが花を握りつぶして浴びせてくるところ。怒り?悲しさ?やるせなさ?じゃあ、あの花はそらくんにとってどういう存在なのでしょうか。握りつぶして、捨てるような。こんなものがなければ、と?じゃあこんなものとは。それが、そらくんととあくんを引き裂いたものなのかもしれない。「運命」とか「愛」とか、そういう類じゃないとは言い切れないか。

 ダンスの時、そらくんが「時をSTOP and LOCK 閉じ込めて」って歌いながら、くるっと回るとあくんを支える振り付けがあって、とても好きなのです。支えているのか、腕の中に閉じ込めているのか、でもとあくんは自ら腕の中に飛び込んでいるように見える。ここは愛が冷めてる訳でも、本命じゃない訳でもなく、今でも思い合っているのに何かの妨害があり引き裂かれていることを示している?切ない。

「君と出逢って(初めて知った)守りたいもの(求めてたんだ)」という歌詞に絡めた時に、もしかしたらとあくんがそらくんを守って取った行動の結果、離れ離れになっているのかもしれないなあと個人的にふんわり思っています。他の曲を出すとキリがないかなと思いつつ、ここでそらくんととあくんが手を取るシーン。カーニバルと少年にて「搔き分け走る見えないように君の手を取った」で手を取っている2人を思い出したのです。カーニバルと少年で手を取りながら位置が互いに前後し、最終的に全面に出ているのはそらくんです。対してPlease Pleaseでは、とあくんが「守りたいもの」でそらくんの手を取っている。今度はとあくんがそらくんを守る構図になるのかな、と。

 その場合、そらくんが花を握りしめてぺいって捨てる描写は、自分に対する怒りややるせなさでしょうか。

 

 

・つるてぃーさん&ファインさん

 てぃ☆イン!センター曲おめでとうございます(突然の祝福)

 今回MVにファインさんがいないので、「いない」ことを考察に盛り込む要素にします。

 MV中、つるてぃーさんが(ダンスとかじゃなく)起こすアクションは1つ、庭に立っていることのみです。天上から光が差し込む庭園の中で、立っている場所から動くことなく。このアクションが意味するのは「待っている」状態なのかと。つまり、ファインさんがここに来るのを待っているんじゃないか説。

 さて、じゃあファインさんはというと、テクスチャー的に1番上の層にいるんじゃないかなという。つるてぃーさんにも、花弁が降り注いでいるんですよ。この花弁を降らせているのが最高層のファインさんなんじゃないかなと。曲の始まりに映る誰もいない庭があるのですが、曲の最後はそこにつるてぃーさんがいて終わるんですよね。

ここからどういうことかと考えたのですが、待つのを止めた可能性も有ります。上の階層からファインさんが来るのを待っていたのを止めて、自分が上の階層に行くことにした、それによりこの庭ががらんどうになった可能性もあります。

 

 

 

 これがテクスチャーごとの印象です。最後に、テクスチャーを上から表すとこういう感じです。

 

f:id:etcest:20210227190913p:plain

上ー下だけ何故急に手書きにしたんですかひどい字だね。 

 

 

 次はバラバラに、気になって頭の中に浮かんだものたちメモ。

 

・全体を通してPlease Pleaseのテーマは

 富も名声も手に入れてるけどどこか満たされない彼らの、満たされないものとは?と考えても「愛」でしょうか。愛をテーマにしている曲、もっというなら未来がない愛。ただしそれが不幸せとはいいません。本人たちが幸せなら、終わりしかなかろうが何だろうが幸せだと思いたいのです。愛、の形は違うのかもしれない。

 JAMくん&うみねこさん:愛=独り占めできる相手(が欲しい)

 きくちょーさん&とみーさん:愛⇒かつてあったものであり今は失ったもの(が欲しい・取り戻したい)

 とあくん&そらくん:愛⇒一緒に生きていられる現実(が欲しい)

 つるてぃーさん&ファインさん:愛⇒一緒にいられる場所(が欲しい)

 

 …とか。打ちながら考えた突貫工事でした。

 

・心中という観点のみから見ると

 きくとみの項で心中したのかと思った~と話したのですが、他の組み合わせでも心中という観点から考えることは可能かと思っています。

①きくとみは上で話したように心中を図り曲中はずっと生と死をさ迷っている状態。めんそ~れ三途の川。

②ぢゃむねこは心中という観点で見るなら、ぢゃむくん本命を遺していくの……?と疑問もありますが、それが、うみねこさんにしてあげる唯一の償いだったかもしれません。

③とあくんとそらくんは恐らく、失敗した。片方だけ生き延びている。遺されたのはどっちでしょうね。

④つるてぃーさんとファインさんは、心中を図ったというより、何らかの理由でファインさんが先に、そしてつるてぃーさんが後追いをした事で最終的に心中状態だった。

 いずれもハッピーエンドだと思います。

 

・時をSTOP and LOCK

 考察というか興奮なんですが、時間を操作する魔法が使える人にこの歌詞を歌わせるのエグすぎやしませんか……誰ですか……感謝状を…感謝状をお渡ししたい……!

 興奮とは別に気になるところが、時間を止めるだけじゃないんだなと。このLOCKがそのまま「閉じ込める」の意だと思うんですけど、より強く相手への情念を感じさせます。あくまでイメージの話なんですけど、閉じ込める、がかかるものって人物なのか空間としてなのか悩ましいところです。そらくんのいる空間は窓がないので、そもこの空間ごと、止まったセカイとして牢獄になっているのかもしれません。

 ただ、とあくんの空間も窓はあれど外の光が強すぎて何も見えないのでは?もしそうであれば、窓の有無関係ないしにどちらも「外界から遮断されている」ことに変わりはありません。完全に外界に興味がない(鏡しかない)か、外界と繋がっていることに興味がない(窓があれど見えない)の違い?

 

・花の館とは?

 そもこの館はどういった館なのかって考えてみましょうか。

 フリーライブで初披露された時に、軍服という事も相まってここで共同生活をしている軍人さんたちだという印象を持っていたんです。組織体系を成しているし8人全員が顔見知りというか。MVを見ると印象変わりますね。

 今持っている印象としては、そもそもこの館そのものが<幻想世界>として創られた箱庭なんじゃないかなと。心中を絡めるなら、あの世とこの世と地獄のスペクトラムを描いているんじゃないかと。空間位置として上・中・下に別れている訳じゃなさそうなんですけどね。彼らはここに暮らしている、という前提で見た時に、きくとみが目覚めた時に辺りを見渡すのが気にかかっていて。受け止め方ですが、どうしても、辺りを見渡す=覚えのない景色だと思っている、という印象で。暮らしている、のは事実かもしれない。ただし、あの場面は、過去、2人がこの館にきた瞬間(過去)を描いているのかなと。ヨモツヘグイではなさそう?主食だと言ってるから食べていたらもう帰れないね。

 何にせよ、ここは創られた世界だと思っています。

 そういえば創れる人、いますね。

 

・ループ説

 ループというか①タイムトラベル②別世界創造が組み合わさってしまっている説。コズミック魔法学園の空宙くんが時間を巻き戻してやり直すのと同時に、はぢめくんが世界を創造してしまっているので、空宙くんが創造された世界のほうでやり直しをしているという状態。

 コズミック魔法学園世界・現実世界(恋愛環状線)・Please Please世界(時代が違う)みたいになっているとか。根拠がほぼゼロなのでこれは考察じゃなく完全な妄言です。曲の最後らへん、そらくんの「だからPlease Pleaseあの頃のように」の歌いだし、広い部屋で全員そろって踊るシーン。それぞればしっとポーズを決めるところで、そらくんにカメラが寄ることと、その後ろに時計があるのかな?と。更に時計の両脇に扉がある。ここが分岐点なのかもしれないなあと。

 そうすると記憶持ちの一ノ瀬さんだけが画面に映らないのは、記憶持ち故なんですよね。この世界に入れない。この世界が本当の世界じゃないことを知っている。そういう意味では観測者です。観測者はあくまでも観測者であり、登場人物にはなりません。で、ほぼノーアクションの鶴弥さんも限りなく観測者なんです。たぶん鶴弥さんも記憶持ちになるからです(記憶操作の魔法をコピーすればOK)。

 さらにこのMV(Please Please世界)を観測している私たち、という構造になってしまうんですけど。無限ループが起きそうですね。

 

 

・落ちるDARK&LIGHT

  実はDARK&LIGHTを未だに自分の中に落とし込めていません。

 直訳すれば闇と光。何を指すんだろう。相手に向ける素直な愛情もしくは愛情だった感情と、それだけじゃ済まないドロドロした部分?

個人的にDARKがとあくん、LIGHTがそらくんなのかなって。二人の空に落ちるものとして花弁が降り注ぐ描写がありました。花弁を扱っているのはとあくんとそらくん。背景の明るさで判断してダーク&ライトの振り分けをしたけど、逆かもしれませんよね。光が強いほど、影が濃くなりますので。

 

・cry cry

 そのままいえば泣く、だけど、曲名と合わせると「泣いて欲しがる」ってニュアンスなのかも。泣いて欲しがっているものは愛情なのだろうに、曲中のみんなの表情があからさまにやだやだ欲しい~~~!!の顔じゃないのが切ない。大人、なんだなあ。感情をそのまま表出することは叶わず、けれど消化して諦めるほどの愛じゃない。やっと自分の空虚を埋めるものを見つけてしまったなら猶更当然の事かもしれないです。

 

・恋愛環状線

 振り付けのなかに恋愛環状線が入っているの、誰とも答え合わせをしていなくて不安なのですが「誓った未来に遠い眼差し」のところで合っていますか……。1stシングルの振り付けを2ndシングル曲に盛り込んでくるのエモくて大好きです。曲としての繋がり、として考えるとあまりにも恋愛環状線が大団円で難しいので、曲としての繋がりは薄いですかね。ワンチャン、Please Pleaseの世界で愛憎の末に終わったセカイが、恋愛環状線のセカイへ変わったらハピネスイズヒアだなと思いました(感想)

 恋愛環状線のMVみんな本当に尊くて大好きだから本当に見てほしい……。

www.youtube.com

 

 

 今頭に浮かんでいるのはこのくらいでした。もし何か浮かんだら追記してると思います。

 忘れないようにメモしている意味もあるので、見づらい文章だったかと思いますが、読んでくださった方はありがとうございました!みなさんのPlease Pleaseの解釈聞きた過ぎるから教えてほしいなってこっそり思っています……。ここまで来て、軍服という点から考えてなかったないう事に気付いています。

 

 

 

Please Please感想

おつかれさまです、圭です。

震えが止まらないのでブログにまとめることにしました。やばいヤクじゃないです。推しです。勢いのままブログを開設して勢いのまま書きこんでいるので流石に行動力とかそういう話じゃないのですが、じゃあ何故そんな発狂したままブログを開設しているのかというと突然c!!の2ndsingleであるPlease PleaseのMVがあがったからです。せんせいあのね、おしごとかえりにふっとついったー開いてMVのサムネがみえたときりあるに「ヒュッ……」って呼吸音がしたよ。

まずは以下、初見感想。なんにも整理されていない純然たる興奮です。普通にきもちわるいのとゴリゴリに心中とかそういう言葉を使っているので苦手な方はごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【以下興奮】

し、しんでる……。花に囲まれてイケメンがしんでるけどこれ毒あおって心中したとか?ダンスマカブル。いやちょっと顔がよすぎてびっくりsウテナ!!!!!!!!!!もうこれアニメのOPじゃない?いや二次元じゃないんだけど二次元じゃないんだけどだっていや冷静になってほしい、奥行きがない、Z軸がないでもこんなに二次元ないのちある?ある。ここに。須らく見よ。めっちゃ唇きれい。

満点の星になってきくちょーさんに見上げられたいけど大丈夫?目がきれい……なんてあどけない表情をしていらっしゃるの……。ってか心中してなかった生きてた。つるさんソロ映りなのしんどいけどエモりてぃ高い。光を浴びるつるさん透けてる…消えるのか……?い~~~~~~~この部屋なに?シャンデリアやばくない?シャンデリアやばい。落ちてくるやつだ。ちょっともうこの約1分で意識何度か飛んだそもそも軍服衣装かっこよすぎてううううう布おおおおおってなってしまう。透き通る君の目、で青い目をしたうみねこさんインするの良すぎる波の音が聞こえるよ。堕ちるダーク&ライトでみんな倒れてひとりだけ立ってるきくちょーさんかっこよすぎて勝てない。私が敵国の軍隊の人だったら秒で投降する。めっちゃ美しいメンズおる~~~保護せんといかん~~~!!!負けです!!!(白旗)みたいな。ねえ待ってこうみんなちょっとアップでひとりでうつるところあるじゃないですか、ひとりひとり、うつるじゃないですか……呼吸がその都度とまるんですよ……かっこよすぎる…。未練ないの???ほんと??っておもったらうみねこさんがぢゃむくんの手をすっと重ねてア~~~~ってなったそれは未練からくる動作なのだろうかはたして?(倒置法)とあくんが散らす花浴びれるセラヴィ~~~~~!!!来世は徳を積みます。現世では特典会つみますガハハ(うまいこと言っていない)しおfsfhsdsjhfb待って完全正装あかんお帽子と手袋装備はさすがにアカンかっこいいいいいい白い手袋だああああああああ赤色が映えますね。ぢゃむくんの並行二重きれいすぎてひっくり返った。両手でお花もってるとあくんめちゃくちゃいとけなくて完全にアンジェだったびっくりしちゃった神様ありがとう(?)この部屋マジで良い。部屋ごと好き。部屋の天井って円っぽくなってる?円は良い。奥に扉がある。開かない。僕だけを見てでひとり映るつるさん、まじで胸がぎゅっとなってしんだここでソロ映すのつらい元々ソロ映りなのかファインさんがいない関係なのか分からないけどめちゃくちゃ……良……。からのアア~~~~これは浴びたい~~~~!!!!!画鋲、無限に受け止めまーす!!これハッピーエンド?メリーバッドエンド?ぷりぷりの振り付けに恋愛環状線が入ってるの激エモすぎて五体投地。ここ!!ここ好き!!みんな内側向いて円になってくるくるするところ!円環!円環!円に執着を見せてしまう。誰もいなくなった。庭。誰もいなくなったのだが。ロストガーデン。ここに蝶々が飛んでいなくてよかった。いや……こずみっくこそがこの庭に舞う蝶々だった説……?イケメンな蝶々だすな……。

 

 

ここまで初見メモ(メモですらないけど)でした。

因みにこれを打ち終わったあと己の感情に溺れてゴボボってなり床で30分くらい転がっていました。寒いのでおすすめできないです。

最初から最後まで本当にきれいで美しいMVだった……マジで……キャメロンディアス7人んいるのかと思った。個人的にこの光?明度?とっても好き。緑の彩度がすき。あと改めて軍服姿ってとってもいいなあと思いました。推しの軍服姿は健康に効く。B衣装の時もそうだったけれど1人1人丈が違うとか、同じ衣装をベースにしながらデザインが少しずつ違う服って目も楽しいね。しかもそれぞれに似合うように作られているからデザイナーさん本当にありがとうございますの気持ち。個人的に今回の衣装で使い魔ちゃんたちがレジンに閉じ込められてるのキュートの極みでにここにこちゃう。可愛い使い魔ちゃんがきれいなレジンの中にいるの、きらきらしていて、異国のビードロみたいで。ところでMV中のうみねこさんの青い目も異国の、ビイドロ、って感じがしてとても綺麗でした。

プリーズプリーズ。PleasePlease。どのプリーズだろう。喜び。喜ばせてください?歌詞の流れから自然なのはお願い、って感じ?チョットエイゴワカラナイデス。関係ないけどここまで来て右側に「最初の記事をかいてみましょう。簡単なあいさつや自己紹介をしてみましょう」って書いてあることに気付いた。すべて無視して推しのMVについて吐き出していく所存です。よろしくお願いします。これは挨拶です。

思うがまま打ってたら流石に怪文書が過ぎたのでせめて最初から追うように書きこもうの会。

曲中のペアについてはダンス含めて

てぃイン

・ぢゃむねこ

・とあそら

・とみきく

になっているのかな…?それ前提で、2人で映ってる側と2人で映ってない側があるのが気になる。何か違いがあるのかな。とおもったけど、もしかして「心中した側」と「心中していない側」とか。敢えてじゃないけど、ぢゃむねこ&とみきくが心中「できなかった」、とあそらが心中「した」とか。

と思ったけど、逆に(?)つるさん以外しんでる説もある…?なぜすぐ死を前提にするのか。メメントモリって言うしね……適当なこと言ってしまった。とあそらが先行組、とみきくが「今」完了した組、ぢゃむねこが「これから」組とか。

ちょっと死に憑りつかれている節があるのでお薬を処方しておきますね。っていうかなんで心中って思ったんだろう?自分でもよくわからない……コワイ……。

恐らく1番冒頭のとみきくが目を覚ましたときの様子がここどこ?って感じに見えたから、死んだあとの世界だと考えてしまったんじゃないかなと。

つるさん1人で映るの、ファインさんがいらっしゃらない関係なのか元々1人で映るのか定かじゃないけれど、つるさん1人で映る場所が最後に誰もいなくなるの何だかとっても綺麗だなって思いました。

一瞬の知らない顔見ないふりした、でうみくんはぢゃむくんを見ないけど、ぢゃむくんはうみくんを目で追うんだよね。知らない顔ってどんな顔だろうって考えていたんだけど、「自分には向けられたことがない顔」?それが他者に向けられていたとか?

サビのプリーズプリーズの振り付けすき~~~!あとサビの、ひとりだけ立ってて他のみんなが倒れる時、立ってる人の前のパート担当してるのがペアになってる人なのかな。(きくちょーさんが立ってる時の前はとみ一さん、ぢゃむくんが立ってるときは前がうみねこさん)

そうこの2番冒頭の「過ぎ去る日々に未練はないと」で向き合ってお互いを見つめるとみきくが、これから手元の毒をあおろうとしているように見えてしまうんですよね。毒っていうか花なんだけど。見つめ合うだけで動かないとみきくに対して、その次のシーンは動き有りで、うみねこさんがぢゃむくんの手に自分の手を重ねるのだけど、その手を……握り返さないんですね……ドウシテ……。手を握り返さない割に見ないふりしたでスンっと通り過ぎるうみねこさんを目で追うぢゃむくんドウシテ……。お花の名前がわかなすぎてアプリで検索したんですけど、ここで咲いているお花は薔薇?ゼラニウム?薔薇に見えているんだけど。

個人的にウルトラスーパーテンション爆上がりファンタスティックしたところなんですけど、2番サビでそらくんが「時をSTOP&LOCK閉じ込めて」って歌うの良すぎて。使い魔の持つ魔法が時間操作の亜松空宙くんに、時をストップ&ロック閉じ込めてって歌わせるの天才すぎやしませんか。スタオベ~~~。あとここのダンスでくるってするとあくんをがしっと支えるそらくんがめちゃくちゃかっこいい。あとサビの前に、と「守りたいもの」そ「求めてたんだ」ってふたりで手を組むところ、カーニバルと少年での「かき分け走る見えないように君の手を引いた」の2人を彷彿とさせて大変胸に刺さりました。

ダンスはフリーライブの51分5秒くらいから見られるので是非……是非….

www.youtube.com

 

えっ待ってなにこの埋め込みしてリンクってすげえはてなぶろぐすごいびっくりしちゃった。ぶろがーじゃん。

 

これ花がどういう意味合いかにもよるけど、欲しいって手を伸ばしてるうみねこさんと、既に両手のなかに花を持っているとあくん…?花びらは「愛」を指している…?そうすると途中、とみ一さんは愛をはらはらっとこぼしていたしつるさんはむしゃっと嚙みちぎっていた…(使われてなかったけど)

ラスサビ前の「Please Pleaseあの頃のように」をそらくんが真ん中で歌ってる=時間をロックした=箱庭が完成ってイメージになっちゃってる。今のところ。いや待って花びら=愛だとしたらそらくん投げてた。浴びた~~~い!む。そらくんが投げた愛をとあくんが拾い上げて両手で大切にしているとかそういう……?とか思ったけどもっと最初のほうでとあくんが両手から花弁こぼしていた。美しかった……びっくりした……よくよく考えたらPleasePlease最初から最後まで美しいのでここが美術館……?

曲単体とは別にして、魔法学園絶妙にループしてる説推しているので、PleasePlease最初に聞いたときにそういうことかと思ってた。

ウワーーッ!!ここにきて急にロングブーツだということに気付いた。ロングブーツと帽子と手袋ってめちゃくちゃかっこいい。

 

個々人の受け止め方というか感想なので怒らないで欲しいのだけど、全体を通してずっと不穏?不安?を感じていたのは、あまりに綺麗すぎる故の「箱庭」感を覚えたからです。作文。箱庭というか、ミニチュアガーデン?同じだけど空気がね。南瓜とパンプキンの字面みたいなね。これやっぱりループしてるって思いたい節がある。

キレイすぎるほどの光溢れる庭が、最後は誰もいないのも鬱々とした美しさとか冷たさを感じちゃうみたいな。部屋に差し込む陽射しも、庭を照らす陽光も眩しいのだけど優しいというよりは冷たい光に見える。特にひとり庭に立ち竦んで光を浴びるつるてぃーさんが儚いというかそのまま消えそうというか不穏というか。あんまりきれいなもの見ると怖くなっちゃうのよ……花が咲いてれば枯れるし目映い朝がくれば夜が来るので。月に叢雲花に風!

 

んんん~~~自分のなかでまとまったらまたメモしよ!!感想だから!!感想だから!!つまるところ推しの軍服と箱庭はめちゃくちゃ健康に効く!!

こずみっく大好きだなあって改めて思ったMVでした✨心臓がまだばくばくどきどきしているよ…こんなにも感情を揺さぶってくるのすごくないですか……。